FC2ブログ

カラタケ日記

派遣社員から契約社員になって9年経過。思いついたことを書いてます。

歩きながらイヤホンで音楽を聴いていたと思われる君へ

一昨日、透析を終えた患者さん4人を送るために送迎車を走らせていたときのこと。最初の方を降ろした後、次の患者さん宅に向かう途中、歩道から突然若い男が飛び出してきて危うく轢きそうになった。

遠くから視認していてちょっと動きが怪しいなと思いながら運転していたので、何とか回避できた。急ハンドルを切るなど大きな回避行動をとるまでには至らなかったので、乗っていた患者さん達への影響もほとんどなかった。

よく見ると、大学生風のその彼の両耳にはスマホから伸びるイヤホンがしっかり収まっていて、顔は送迎車と反対の方向だけを向いていた。彼がこちらを振り返って車道に一歩踏み出した時、クラクションを鳴らした送迎車がすぐ目の前を横切った形になり、驚く彼の顔がはっきり見て取れた。

送迎車内の3人の患者さんらは「急に飛び出してきて危ないな」「あれで轢いちゃったら全面的にこっちが悪いんだろうね」などと言っていた。


それにしても両耳にイヤホンをしている若者が目に付く。私も何度かイヤホンで音楽を聴きながら街中を歩いたことがあるが周りの音が情報として耳に入ってこないことに不安を憶えイヤホンを付け続けることができなかった。

車道と接している歩道を歩くるのが怖いと思ったし、人込み中を歩くのもしかりだ。練習中や試合前のスポーツ選手がイヤホンで音楽を聞きながら集中力を高めているとのは事情が違うと思う。

それとも、おじさん達に比べ、若者の聴覚は衰えていないから問題ないのだろうか。でも一昨日の彼は、結果的に送迎車に気づかずかなり慌てた様子だった。

だから、聴覚の性能差ではないように思える。ただ単に、周囲の音が聞こえていなかっただけで、イヤホンで音楽(か物語かスピードラーニングか)を聴いていたから判断が遅れた。

人は視覚だけではなく耳からも情報を得た方が危険を回避し易いのは確かだ。そういう意味では聴覚に障害のある方の不便さは計り知れない。


そういえば自転車に乗って、イヤホンをしてたりするのもいるが、運転していてとても気を使う。


倒れる

先日、透析を終えた患者さんが送迎車両に乗り込む前に意識を失って倒れた。透析室からエレベーターを使って階下に降りる途中の出来事だった。

原因は血圧の低下らしい。透析を導入して間もない男性患者さんだ。これまでにもふらついて足元がおぼつかない状態になっていたようだ。

エレベータの中では看護師が付き添っていたので倒れた時に懸念される外傷は防ぐことができた。

当たり前の話だが意識を失って倒れるとういうことは、自身の手や腕で防御することなく顔や頭がストレートに地面に激突することになる。

以前にも他の透析患者さんが自宅で倒れ、顔面を強打して大怪我を負っていたことがあった。全般的に患者さんらの年齢層が高いことから、意識がある状態で転倒し骨折する方も少なくない。

この仕事をする前は、何かに躓いて倒れたら手で支えたり、受け身を取ったりすることが普通だとの考えでいた。立ったままの状態で意識を失って倒れるという経験がなかったからだ。

非正規雇用のみなさん糖尿病になったとしても人工透析にはならないように気をつけましょう。みなさんの医療費はもうありません。

タイトルの記事内容につきまして、透析患者さんから事実と異なるとのご指摘を受けました。ご指摘の部分につきましては、ネット上の情報を事実確認しないまま掲載いたしました。

透析患者のみなさまに極度の不快感を与えてしまい、配慮に欠けた内容であったことにつきまして反省しお詫び申しげます。

ネット上の情報を自身で確認することなく安易に引用したことから掲載した記事内容が不適切と判断し、すべての記事を削除いたしました。削除の経緯につきましては、コメント欄をご覧ください。

                                     2017年10月19日  辛島武生

なぜ糖尿病だけ言われるのか。高血圧や脂質異常で自己責任論はあまり言われない


人工透析を受けている患者を送迎するための車両を運転する業務について1年半が過ぎた。患者さん達に対しては、(食事制限があるため)食べ物や他人の噂話(亡くなったケースなど)など、心身に影響を及ぼしそうな内容は避けるようにして、会話には相変わらず気を使うが、それでもどうやら運転手として認めてもらえてるようだ。

それで、いまさらだが人工透析について、少し考えてみたい。
人工透析の原因として挙げられるのが腎機能の低下だ。その要因として一番多いのが糖尿病とされる。”糖尿病””人工透析”をネットで検索すると多くのサイトがヒットする。こちらも。病気の詳細については各サイトに詳しくあるのでここでは省く。

日本透析医学会が毎年実施している統計調査「わが国の慢性透析療法の現況」によると、2015年12月時点で、国内で透析療法を受けている患者数は32万4,986人で、前年度より4,538人増加した。透析の導入患者の原疾患の第1位は糖尿病性腎症で43.7%に上る。

遺伝要因や腎臓がんなどの原因のほか、半数近くが糖尿病を入口とした結果の病気であることが統計からも分かる。そしてその主な原因の糖尿病は生活習慣病とも呼ばれる。生活習慣病とは日々生活の中で自己管理することによって予防・改善が可能な病気とされている。なので誤解が生じる。患者個人の責任だけがクローズアップされたりするからだ。

読売新聞2016年11月11日付のコラム記事にあるように、民族による体質の差もあるようだ。それによると白人に比べ東アジア人のほうがインスリンを出す能力が低いらしい。食の欧米化が進んでいることから日本人の糖尿病罹患のリスクは高まっていることになる。

また、記事では次のように指摘している。「夜にドカンと食べて寝ると、糖質が中性脂肪になる。そうすると朝、食べられない。1日のカロリーの4割以上を夕食でとる人は糖尿病が多いというデータがあります。朝抜き、昼そば、夜ドカ食いという習慣はよくないですね。しかし、そういう生活は、糖尿病になった人だけでなく、なってない人もやっている。糖尿病にならない人たちも、ほかの病気になって医療費は使うでしょう。高血圧や脂質異常で自己責任論は、あまり言われない。なぜ糖尿病だけ言われるんでしょうかね」。

問題視されるのが治療費だ。1ヶ月の透析治療の医療費は、患者一人につき外来血液透析では約40万円、腹膜透析(CAPD)では30~50万円程度が必要といわれている。しかしながら患者の経済的な負担が軽減されるように医療費の公的助成制度が確立している。

高額療養費の特例として(一般の高額療養費とは異なる)保険給付され、透析治療の自己負担は1か月1万円が上限となる。なお、一定以上の所得のある人は2万円が上限。また外来・入院・薬局等はそれぞれでの負担となる。

年間約500万円の高額な治療費が税金によって賄われている現状が問題視されるのだ。周囲のアドバイスに従うこともなく、暴飲暴食を繰り返した結果、透析治療を受け、その費用が我々の税金から支払われている、との指摘だ。

脳血管障害やがん、心疾患などの成人病を健康保険の3割負担で治療を行っている側にとっては、その待遇差に対する不満が膨らむのも理解できる。

私が運転している送迎車にも非常識な透析患者はいる。送迎車のなかで飲食したり、ワザと遅く乗ったり、他の患者がいるなか携帯電話で大きな声で延々と話したりなどだ。

だが今のところ一人だけだ。他の患者さんは常識的な方達ばかりだ。私がこれまで働いてきた職場(業界紙、冷蔵庫のライン生産工場、ショッピングセンター内の施設警備、レンタカーの回送など)と比較してみると、健康と思われるそれらの職場の大人達の方が我儘で無神経な人間の割合が多いと個人的に感じる。


緊急手術

人工透析を終えた患者さんを自宅近くまで送るため、病院内で待機していた際の出来事。発車時間まで10分程度あったので同僚と話しをしていると、突然オープンカーがやってきて送迎車両の駐車スペースに停めた。

停めた場所は、まだ帰着していない送迎車2台の停車スペースだったので気づいた私は、「ここは病院関係の車の駐車スペースなんですが‥」と告げた。

すると運転者が「緊急手術で呼ばれて来たんです。駐車場に止めたら30分(余計に)かかりますよ。それでも良いんですか」と声を荒げながら降りてきた。

私は、あっけにとられた。有無を言わさぬ態度だった。返す言葉がなかった。「緊急手術‥30分‥良いんですか‥」の畳みかける言葉に。

でもあなたのそのスポーツカーをそこ置かれてしまうと、見て分かるようにこの狭い駐車場では送迎車両を少なくとも2台は別の駐車場に移動しなければならないんですよ。それに目の前の一般駐車場に停めてもせいぜい5分くらいしかかかりませんよ、と思いながら。

それでも「緊急手術‥良いんですか‥」の強硬な言葉に押されて黙っていた。だめだと言ったら私の責任になるとの思いが頭をよぎる。

そうこうしているうちに、その医者は我々が居るのを意に介さず急ぎ足で病院内に消えていった。

その医者の後ろ姿を同僚と見送りながら思った。
いくら緊急手術でも、もっと説明の仕方があるんじゃないだろうか。「緊急手術の要請があって来たのでここに置かしてもらいたのだが」くらいの言い方ができないのだろうかと。

医者なら冷静に対応したほうが良いんじゃないか。そんな興奮状態で手術するのか。何でもありなのかと。

その後、総務の担当者がやってきて、手術のため医者の車を置かしてくれと申し訳なさそうに言った。

緊急手術なら病院側もそれなりの受け入れ態勢を整えていた方が良いんじゃないかな、と思うのは私だけだろうか。

その後、それから4時間ほどして、くだんの車と医者は爆音を響かせて帰っていった。







« Prev|Top|Next »

HOME

カラタケ

Author:カラタケ
nextkara5788@gmail.com

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ お米・餅へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

東芝冷蔵庫製造工場で働いて

夜間救急の現実

夏場は毎日一人が熱中症で倒れた