FC2ブログ

カラタケ日記

派遣社員から契約社員になって9年経過。思いついたことを書いてます。

アルバイト探しの日々の中で

「求人情報誌を拝見してお電話しました。応募は可能ですか」

  「日勤はいっぱいになりましたが、夜勤はまだ空いてます」

「それではお願いします」

 「おいくつですか」

自分の年齢を告げる。

相手の声のトーンが落ちる。

 「うーん、いまは20~30代の若い人でもなかなか入れないですからね」

気の毒そうではあるが50代でアルバイトを探すことへの困難さについて諭すような口調だ。

「だめですか… ほかの仕事はどうですか」と一緒に掲載されて募集中の仕事を挙げてみた。

 「難しいですね」


私の仕事探しは日払い(週払い)、短期というわがままな条件設定のため選択肢は限られてくる。加えて年齢の壁。

歳を告げたとたん相手の口調が重くなることをこの10日間、何度も経験した。

中高年にとっては、より厳しい環境だ。


それにしても仕事が少なくなった。アルバイト探しの日々の中で実感する。





« 寒い|Top|いまこの国で仕事を求めている人たちの実数はどれくらいだろうか »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://karatake.jp/tb.php/86-2cb62b9a

Top

HOME

カラタケ

Author:カラタケ
nextkara5788@gmail.com

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ お米・餅へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

東芝冷蔵庫製造工場で働いて

夜間救急の現実

夏場は毎日一人が熱中症で倒れた