FC2ブログ

カラタケ日記

派遣社員から契約社員になって9年経過。思いついたことを書いてます。

夜も眠れず、仕事も手に付かない不安な日々                      連帯保証で500万円の負債を抱え、多重債務に

サラ金相手の損害賠償請求事件
2008-06-23オーマイニュースに掲載された記事です。

 友人Aは、緊張した面持ちで原告席にいた。開廷前の簡易裁判所。訴訟代理人の司法書士と被告の双方の間を、書記官がせわしなく行き来している。提出された証拠書類を確認しているのだ。

 しばらくして裁判官が入廷、司法書士に対し、訴状の通りであることを確認した。訴状に対して、被告からは事前に反訴状が出されていた。被告が原告を逆に訴えたのである。裁判官もせわしない。ボソボソと早口で喋るため内容が聞き取りにくい。

 一市民にとっては非日常の裁判も、関係者にとっては毎日の仕事なのだ。事務的に手早く処理されていく。傍聴人席は5人。私のほか、次の裁判の関係者もいた。

返済毎月20万円でクビ回らず

 消費者金融を相手に訴訟を起こした損害賠償請求事件の第1回口頭弁論。原告は友人のA。被告は、九州地方で事業展開するC社だ。

 九州に暮らす友人Aが、家業の経営不振に加え、連帯保証人になった約束手形が不渡りになった。このため債務返済の目的で消費者金融を利用して、返済のためにまた新たな消費者金融から借り入れるという典型的な多重債務のパターンにはまった。

 年29%超の高金利を10年以上払い続け、返済額は最終的に計12社・毎月約20万円にまで膨らんでいた。返済前日になると、夜も眠れず、仕事が手につかない日々を過ごした。
 
 しかし昨年、多重債務者を救う会を訪れ、紹介された司法書士が進めた債務整理によって、大半の債権者との間で和解が成立した。

 しかし、C社のみが和解に応じないことから、訴訟に踏み切ったのだ。事件を審理するのは、九州にある簡易裁判所(簡易裁判所=民事事件の訴訟価額が140万円以下の請求事件について第1審の裁判権を持つ)。

バブル崩壊時、父は宅地と会社を売却したが…

 1980年に大学を卒業したAは、すぐに、父の経営する会社に勤務した。当時は会社経営も順調に推移していたが、1994年ごろから経営難に陥った。

 それに伴い、銀行の融資枠が縮小され、融資を断られた。Aの父親は経営継続を模索し、やむをえず消費者金融を利用した。1995年8月ごろ、Aは消費者金融計8社から借り入れし、会社経営と、自らの生活資金に充てていた。その後、返済と借り入れの繰り返しではあったが、何とかやりくりしていた。

 1997年6月、Aは友人だった会社経営者を信用して、約束手形(500万円)の連帯保証人になった。すると当の本人は逃避、手形は不渡りとなり、連帯保証人のAが負債を負う結果となった。Aは父親に相談。その結果、父親所有の宅地を売却し、その代金で約束手形の債務の全額と、父の会社の債務の一部を返済した。

 そして、父親はそれを機に会社も売却。それによって会社関連の負債は完済できた。

 しかしA個人の負債はほとんど残ったままだった。多数ある毎月のサラ金の返済で生活が苦しくなり、1998年にB・Eの2社から新規に借り入れして返済に当てた。

 この時期には、Aは計9社から借り入れしていて月々の返済額は約16万円だった。これ以降は、借り入れと返済の繰り返しで、次第に生活費も不足していった。

「枠」をやりくりしながら

 1999年2月、E社から30万円を借り入れた。この30万円は、返済した分については新たに新規で借り入れできる「融資枠」である、つまり30万円を借りて2万円まで返せば、返済中の28万円に加え、新たに2万円借りることができると知らされ、1999年10月、同社の営業所に契約した。E社への返済は銀行振込を利用した。しかし、これに対して同社からは、領収書の送付発行は1度もなかったという。

 貸金業規制法は、利息制限法〔元本10万円未満の場合、年20%。10万円以上100万円未満、年18%。100万円以上、年15%〕を超える利息について、法律で定められた事項の記載のある領収書を交付することを義務付けているので、29.2%の金利を設定していたE社はこの点で違法となる。

 1999年10月から2003年2月までの約4年間は、返済によってE社の融資枠が空くと、その差額借入で再び契約した。

 もっとも、その後も生活費の不足や急な出費などがあり、Aは新たに2社の消費者金融から計100万円を借り入れた。金利が高く、元金がなかなか減らないため、月々の返済額は約20万円に達していた。

 支払いが遅れることがあり、Aは実の父親や、妻の親に立て替えてもらうことも多くなっていった。

債権譲渡の証拠なく騙し取られた20万円


 Aは借入元金が少しでも減ると、差額借り入れする方法を続け、2005年5月、再度E社から借り入れする目的でに同社の営業所を訪れると、移転していた。

 移転先に行くと、E社の看板は無く、かかっていたのはC社の看板だった。女性事務員に「ファイナンスのE社はここですか」と尋ねると、「“ここでいい”と言われた」とAはいう。

まるで債権譲渡があったかのような、スムーズな客対応

 Aはこの時点で、「E社がC社に社名変更したのだ」と思い込んだ。40万円を借りたAは契約書にサインした。すると、そこからE社に残っていた借金約20万円が差し引かれた残りの約20万円だけがAに手渡された。

 その時の説明は、「(E社で貸し付けた)現在の借金を差し引いて残金を渡す」というもの。その際の事務処理は女性担当者がすべて1人で行った。制服、契約書の記入方法、備品など、Aが知っているE社の事務所内の様子とほとんど変わらない状態だったとされる。
 
 つまり、C社はAに対し、E社の債務を引き継いだ形で営業していると説明し、それを信じたAに対し、C社から新規で借りる予定40万円から、E社への債務分を差し引いて、約20万円を支払ったのである。

 しかし、実際は貸金業者E社の登録は、2005年2月に抹消されていた。C社はE社から債権譲渡を受けていないにも関わらず、E社の債権分として約20万円をAから騙し取ったと、原告側(A側)は訴えている。

 その後もAは、他社を含め、借り入れと返済を繰り返し、再び2006年1月にC社で50万円の切替を行った。その時の事務処理は、2005年5月と特別変わらなかったという。

たった2日遅れで、催告状!?

 2006年11月ごろ、Aから債権者への返済が全般的に遅れるようになっていた。するとC社(返済日は毎月15日)から11月17日付で、催告状が送られてきた。

 催告状の内容は、残元金と利息および遅延利息損害金を支払うよう記載され、これ以上遅れると訴訟を起こし、財産を差し押さえ、強制執行するとの通告があった。

 身内には、すでに多額の借金で迷惑をかけていたため相談できず、一括返済はとうてい無理な状況だったため夜も眠れず、仕事も手につかない不安な日々が続いた。

 いつまでもこんな生活を送っていたら一生返済できないのではないかと悩んでいたら、妻からの情報で多重債務者を救う会の存在を知り、相談したところT司法書士事務所を紹介された。

 T司法書士が交渉した結果、十数社の債権者のほとんどと和解が成立し、過払い金が返還された。そのなかで、C社だけが応じないとの報告を受けた。

 C社は、Aに手渡した金額が約20万円だったにもかかわらず40万円貸し付けたと主張し、返済日の遅れに伴う延滞金と元金の返済を求めてきた。そして、E社とC社は別会社であるという理由から原告Aの提出した訴状に対して反訴状を提出した。よって、同裁判所で同時に審理中である。

過払い債権を認識する

 2006年11月の催告状にあったC社からの請求金額は、E社とC社の債務額を合わせたものだった。C社はE社とは別会社と主張しているが、Aに貸し付けるときは、E社への債務分は差し引き、催告するときは、E社への債務分を足し合わせていた。

 2005年5月の時点で利息制限法に引きなおすと、E社との取引は、Aが約60万円の過払い債権を有していたことになる。Aは、借入開始当時、過払い金返還請求権を有していることを知らなかった。請求権を認知していれば、新たな借入を行うこともなかったと主張している。
 
 C社について、T司法書士は「他にも同様の訴訟があり、悪質」と指摘する。

 過払い金の請求訴訟は、消費者保護の観点からグレーゾーン金利を事実上否定した2006年1月の最高裁判決などを受け、その後、全国で頻発している。

 それに伴い金融庁は、貸金業規制法施行規則(内閣府令)の改正を行うことを表明した。ただ、グレーゾーン金利の撤廃については未定としている。

グレーゾーン金利とは、利息制限法に定める上限金利は超えるが、出資法に定める上限金利(29.2%)には満たない金利のこと。

 利息制限法によると、利息の契約は、同法で定められた利率を超える超過部分は無効とされている。貸金業者、特に消費者金融(サラ金)業者の多くは、このグレーゾーン金利帯で金銭を貸し出す。ただし、最近では特定調停などの裁判所で行う手続きや、弁護士、司法書士が介入している債務整理については、利息制限法の金利で引き直し計算を行っている。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« だいじょうかな…そんなに浴びて|Top|間違えないでほしい、我々は働く人間である!! »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://karatake.jp/tb.php/7-ed6b5c89

Top

HOME

カラタケ

Author:カラタケ
nextkara5788@gmail.com

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ お米・餅へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

東芝冷蔵庫製造工場で働いて

夜間救急の現実

夏場は毎日一人が熱中症で倒れた