FC2ブログ

カラタケ日記

派遣社員から契約社員になって9年経過。思いついたことを書いてます。

警備員もたいへん

私の現在の仕事は警備員で、派遣社員の採用が認められていない業種のひとつだ。警備員はすべて警備会社の直接雇用となる。警備員は、アルバイトであっても採用に当たっては本籍地の役所が交付している身分証明書の提出が求められる。

身分証明書とは、1禁治産または準禁治産者の宣告通知を受けていない(痴呆症など心身喪失状態ではない)。2後見の登記の通知を受けていない(心身喪失状態にあり、適正な判断を行う第3者が後見人として付いている状態ではない)。3破産者の通知を受けていない(自己破産者ではない)ーーことの証明書だ。

施設警備など資産を守る業務にあたることから、正常な判断が難しいとされる人たちは警備員として雇ってもらえない。

なので、交通誘導などで時々見かける頼りなさそうなおっさんも、公的機関から身分を証明された、りっぱな市民なのだ。どうか、暖かい目で見てやってほしい。

ただし、交通誘導に従って事故を起こしたとしても運転者の自己責任となる。誘導したおっさんの責任にはならないので万が一そうなった場合はご容赦願いたい。

おっさんの誘導に従いながらも最終的には自身で判断する、場当たり的であいあまいな行動力が必要だと思う。



この後も、ここまで書いた倍の量の文章が続いてたのですが、昨夜の仕事中、携帯から操作して訂正しようとしたら後半の文章が消えてなくなりました。携帯で確認した時すでに無かったのですが、もしかするとパソコンで見ると大丈夫なのかなと思いながら帰ってきたのですがやっぱりだめでした。

どうってことはない内容ですが、とても残念です。せっかく書いた文章が一瞬で消えてしまうのは悲しい。徹夜明けで頭がボーとした状態で、もう一度書こうという気力もないので、また今度思い出した時にでも書きます。11月13日午後1時。

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

« 社会の入り口に立つ彼なら受け入れてもいいと言っている|Top|ダーティーハリー »

コメント

いやぁ、いろいろなきまりがあるんですね。
交通警備のオジサンも、ちゃんとしてる方ばかりと知り、この前見かけた少し若いオニイサンを思い出しました。
その方、日に焼けて真っ赤な顔をしていたのですが、顔をひっぱたきながら誘導してるんです。
信号待ちでかなり長い間見ていられたのですけど、ずーーっと!!
癖なのかしらと思ったら、眠気覚ましの為にひっぱたいていたようでした。
「頑張れ~!」と声援を送ったものでした。

そうなんです。個々の性格の良さまでは証明されてませんけど、警備会社が身分証明書を受け取った人たちなんです。警備員になった人たちは。

交通誘導の仕事の何がイヤかというと、日焼けなんですよ。ひと夏やるとその後1年間は抜けないみたいです、日焼け。

もともと日焼けしやすい方だから、真っ黒になるのをさけるため交通誘導はやらない宣言してます。他の人たちには申し訳ないけど。

警備員も人出が足りないので、昼夜通して仕事したり、あとダブルワークの人もけっこういたりするので、睡眠不足状態の人も少なくないですね。



ところで、「頑張れー」と聞いていつも思い出すことがあります。
以前、家族全員がインフルエンザにかかって寝込んだ時(その時はインフルエンザと分からなかったんですが)、上の子が1日休んだだけで学校に行ったことがあって(それはそれで問題ですが)、出かける時に私が「頑張れー」と声を掛けたら、即座にカミさんに「自分に頑張れって言いなさい」と言われたことがありました。

カミさんも高熱をおして会社に行ってました。私はもうすでに4日ぐらい休んでいて、完全に回復するまでは会社に行かないつもりでしたので。

その日も休んで、結局1週間ぐらい休みました。結果的にはインフルエンザを人にうつさなくてよかったと思ってますが。

真剣なカミさんの顔が思い出され、なんか笑ってしまいます。そのタイミングで言われたことで、いつまでも印象に残ってます。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://karatake.jp/tb.php/41-93796a74

Top

HOME

カラタケ

Author:カラタケ
nextkara5788@gmail.com

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ お米・餅へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

東芝冷蔵庫製造工場で働いて

夜間救急の現実

夏場は毎日一人が熱中症で倒れた