FC2ブログ

カラタケ日記

派遣社員から契約社員になって10年経過。思いついたことを書いてます。

「特別会計の正体」 隠れ公務員合わせると3500万人超だと 

「特別会計の正体」=転送元:「Real Story 暴露チャンネル」さん


来年10月に消費税が10%に増税される。ただし、リーマンショック級の緊急事態がなければらしいが。

ところがどうだろう、ネット上では、金融システムの崩壊が間近だと訴えるサイトが溢れている。

それはアメリカが引き金となるらしい。民間企業のFRBは解体だとか。そして日本銀行も。

もはやアメリカが変わりつつあるのは明らかだ。フランスは革命の只中にある。そこからベルギー、オランダへ

と飛び火している。

アメリカやヨーロッパではオルタナティブメディア(従来の新聞、テレビ、雑誌、ラジオに替わる消費者のニーズに

応えるメディア)やソーシャルメディアが市民に事実を事実として伝える発信元として大きな役割を果たしている。

世界中の主流メディアからは、さんざんな扱いを受けているトランプ大統領だが、オルタナルメディアの扱いは

正義の味方である。



オバマ政権までのアメリカが牽引してきた世界戦略「グローバリスト」という呼び名は、我々民衆が手を伸ばせば

届きそうなところにある少しだけ先を行く先進的な言葉として心地よく耳に響いた。

豊かで便利な暮らしは頑張れば実現すると誰もが思っていた。だがしかしである。実際は違うことを私は経験した。

この15年ほど日雇い・短期派遣および契約(現在1年契約)社員の身分にある私自身の生活でいえば、

何とか生活できてるというのが本音だ。

それでまた消費増税かよ!

年金生活の私にとっては、日々の生活にもろに影響する深刻な事態だ。


そんなこんなでネットの動画を見ていたら「特別会計の正体」というのがあった。

内容を見たら何とも驚く。

この日本で「実質税金で成り立っているのに民間企業を装っている会社が実は無数にある」というのだ。

3665万人だそうだ。そこで働いて給料を貰っている方々が。

何と3500万人以上が国民の税金で喰ってるというのだ。

要は隠れ公務員や官公需専門企業が無数にあるらしい。各省庁が管理しているため外部からのチェック機能が

働かないらしい。

実態は闇の中ということだ。






特別会計=目的の決まった事業や資金運用に使う特定の税金や保険料を一般会計と区別して管理する仕組み。会計間のやりとりなど重複分を除いた歳出額は2010年度予算で約176・4兆円。各省が所管し、外部のチェックが届きにくいため、無駄な事業やそれを通じての天下りの問題が指摘されてきた。03年に当時の塩川正十郎財務相が「母屋(一般会計)はおかゆなのに、離れ座敷(特会)ですき焼きを食べている」と表現した。
(2010-10-20 朝日新聞 朝刊 1総合)








« 免疫力アップのリポソームビタミンCが自宅で手軽に作れる|Top|「タネはどうなる?!」-種子法廃止と種苗法運用で-コシヒカリがなくなる     ■日本は彼らが巨利を貪ることができる残された最後の種子市場■ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://karatake.jp/tb.php/283-c451046d

Top

HOME

カラタケ

Author:カラタケ
nextkara5788@gmail.com

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ お米・餅へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

東芝冷蔵庫製造工場で働いて

夜間救急の現実

夏場は毎日一人が熱中症で倒れた