FC2ブログ

カラタケ日記

派遣社員から契約社員になって9年経過。思いついたことを書いてます。

保証人被害110番に100件近い相談

12月17日に実施された「保証人被害・保証人紹介業被害110番」の相談件数は東京57件、大阪36件だった。融資を受けたり、住宅に入居したりする際に必要な保証人を巡るトラブルについての問い合わせに対し、弁護士などがアドバイスした。年齢的な傾向としては、50〜70歳代の高齢者が多くみられた。

相談内容としては、「保証業者の保証人になった。不当な請求がないか不安」(千葉57歳)――として現時点では被害に遭ってないものの今後を不安視するケース。そして「保証業者(日本セーフティ)から請求されている」(仙台)。「以前に入居していたアパートの賃料を保証業者から請求されている」(東京64歳男)――など実際の被害者からの相談が寄せられた。

一方、「アパート等の入居の際に必要な保証人がいない」(70歳・男)。「どこの業者なら利用して良いか」――など保証人紹介業の実態を認識せずに問い合わせてくるケースもみられ、就職や入居に際し保証人がいなければ社会生活をおくることができない制度の在り方が問われる内容だ。

そのほか、「知人がヤミ金から借りた際の保証人になった」(東京・78歳・男)。「平成19年に子が賃貸借のときに,保証業者(レントゴー,カーサ)を利用した。保証人にはなっていない。子が行方不明。緊急連絡先として連絡が来た」(女)。「友人に頼まれてサラ金の名義貸しになった。友人が支払いを滞らせた。サラ金から請求が来た。弁護士を紹介してもらいたい」(新潟・43歳・女)。――など不動産やサラ金・ヤミ金などの保証人に関する相談が多数寄せられた。



被害者と弁護士が国内保証援助会の事務所を訪れ事実確認を行なった様子が先ごろ放送された。
http://www.mbs.jp/voice/special/201112/21_1221.shtml


保証人紹介業問題被害者の会




保証人紹介業問題被害者の会
鈴木俊志
070-5553-4890
tuneki_kazuo@yahoo.co.jp

« 春の嵐|Top|17日に保証人被害・保証人紹介業被害110番実施 »

コメント

保証人に関する問題は後を尽きませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://karatake.jp/tb.php/167-9fde5e75

Top

HOME

カラタケ

Author:カラタケ
nextkara5788@gmail.com

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ お米・餅へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

東芝冷蔵庫製造工場で働いて

夜間救急の現実

夏場は毎日一人が熱中症で倒れた