FC2ブログ

カラタケ日記

派遣社員から契約社員になって9年経過。思いついたことを書いてます。

私を含めた無能な人間は、社会の一員として働くことは許されないのだろうか

中途採用者は使えない。出版社に勤める知人の話だ。前職の地方新聞社で賞をもらったというけど採用してみたら、書いた記事は日本語になってない。何が言いたいのか判読不明だとか。

そのほかにも3人ほど採用したが、仕事ができない。履歴書をみるとすばらしい経歴なのだが、実際は使えない。即戦力を期待しての中途採用なので採用する側としてはそれなりの仕事力を要求してしまう。それでもしばらく様子をみて丁寧に指導してみたが、やはりだめ。本人たちも居辛くなり、結局、自身で辞めていったとか。

知人曰く、前職でどんな仕事をしていたかしらないけど、うちみたいな小さな会社に現状で応募してくるのは使えないやつだよ。

そうなのかもしれない、と思う。優秀なやつはどんな会社でもやっていけるだろうし、日々、道を踏み外すことなくステップアップすることだけを考えて大胆かつ慎重に行動しているに違いない。

でも、現実はそんなやつばかりじゃない。大多数は平凡で無能だ。けっこうな数がリストラされ、家族と離れ、派遣労働で食いつないでいる。私を含めた無能な人間は、社会の一員として働くことは許されないのだろうか。当然のような顔してこの社会で生きていくことはどこか間違っているのだろうか。

彼らより優秀ではないけれど、劣っているかもしれないけれど、何かの仕事に就くことは彼らにとって迷惑なことなのだろうか。人として誇りを持って生きていくことのできる最低限度の生活を営むために、我々が正社員として働きたいと望むことはおこがましいことなのだろうか。

« 1時間に21回の脅迫電話かけキャンセル料要求|Top|彼の横顔を見ながら思った »

コメント

はじめまして。
中途採用者が使えないのではなく、使えない中途採用者をその会社が採用していることが問題なのです。経歴だけで判断するから、こんな評価になるんです。その場で文章を書いてもらったり、いくらでも判断の仕方はあったろうと思います。特に、即戦力を期待するならやらなきゃならないでしょう。

大多数は平凡ですが、無能じゃありません。特別なアイディアをすべての人に求めるのは、おかしなことです。それに気付かない人が多すぎるから、社員のハードルが上がってしまうのです。

言われたことをこなせないなら、他の職に移ればいいだけのこと。
何に向いているのかなんて、やってみなくちゃわからないのに、すべてを年齢と経歴で区切ってしまいますからねえ。文章を書くのがだめでも、校正なんか早くて正確かもしれないのに。

私は現在無職、バイトすら書類選考落ちで、生活費のカウントダウン入ってますが、誰かにピンはねされることもなく、自由で幸せです。
社員になったら、またピンはねと使えないやつらのカバーと長時間拘束に耐えなきゃいけないので、社員はもうしたくないですね。
人として誇りを持って生きていますよ、私。働くこと=誇りじゃないです。金ないんで金かけない最低限度の生活を送ってますが、仕事の奴隷にならなくて済んでいる今に、誇りを持ってます。

もっと職業を自由に選択できれば、無能な人呼ばわりされずに済むんじゃないかと思いますね。向いてる人だけが、向いている職につきゃ済むことです。
でも、日本社会はそれが許されませんね。
ここのところをどうにかしていかないと、破滅しそうな気がします。

matさんコメントありがとうございます。
matさんのご指摘通り中途採用者の採用方法に問題があると思います。
それに、大多数の平凡な人たちは無能ではないでしょう。ただ、有能な人からみれば平凡は無能な存在であると、極端に表現してみました。ブログの記事の主題がどこにあるか、分かりづらかったですね。

私が問題だと思うのは、安定した収入を得ながら、安定した生活を送る機会が減っているということです。

どうして、その日暮らしを強いられる派遣や長期パートなどに就く人たちが社会問題になるほどの数存在するのか。

自身に即した職業を選択する以前に、安定して収入を得られる仕事に就くチャンスが減少していると私自身感じます。

効率経営を標榜する企業は、リストラを推進し、残った社員に対してもさらなる成果を要求します。有能な社員は10人に一人、あるいは20人に一人いれば会社は成り立つでしょう。かつては、大多数の平凡(無能)な社員はそこに何となく存在していても許されていました。

でも、今は明らかに違います。そこから弾き出された社員は、まさに無能者扱いです。働くことに誇りをもてなくても、安定した収入があれば人は誇りを保つことができると考えます。

家族や友人、地域社会での活動、趣味など仕事以外の環境で互いを支えあえる手段はあるからです。

自身に向いてる仕事に就くのがベストだと思いますが、希望しない職場であっても、心身をリフレッシュできる金銭的、時間的余裕があれば、さらなるチャレンジも考えられますし。

平凡(無能)な人間も安定した生活を送る権利があると考えます。それには安定した収入が必要です。

そんなことみんな分かってますよね。
難しい課題ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://karatake.jp/tb.php/156-1da7171f

Top

HOME

カラタケ

Author:カラタケ
nextkara5788@gmail.com

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ お米・餅へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

東芝冷蔵庫製造工場で働いて

夜間救急の現実

夏場は毎日一人が熱中症で倒れた