FC2ブログ

カラタケ日記

派遣社員から契約社員になって9年経過。思いついたことを書いてます。

来年こそはとまた思う5度目の年末

今年も今日で終わる。私は29日から年明け5日まで年末・年始の休暇である。大型商業施設の夜勤警備をしていた昨年は、年末・年始の休みもなく仕事をしていた。今年は5年ぶりの休みだ。

本業のほうが本格化しつつあり、ある程度の収入が得られる状況となっているので休みをとった。それでも11・12月は本業の休業日に警備のバイトをしていた。そうしないと生活できない。でもここにきて臨時収入があったので、思い切って休んでいる。

しかし休んでいると何となく落ち着かない。バイトして少しでも収入を得るようにしたほうが良いのだが、一日中外に立つこの時期の警備の仕事は、寒さが骨身に凍みる。身体がツライ。夜勤は特にそうだ。なので、1月はなんとか生活できるだろう、との思いで休んでいる。

今年は可能な限り働いた、と自分で思う。バイトより本業に費やしている時間のほうがはるかに多くなっているのは確かだ。本業がうまくいきそうではあるが、まだいくつか越えなければならないハードルがある。だが、もう少しだ、と相棒と語り合う。そんなことを繰り返しながら5年目に突入している。去年と同じ口調ではないことを互いに感じているが、まだ分からない。

来年こそは、とまた思う5度目の年末である。

ミントス

こないだ、通りがかったおばあさんにミントスをもらった。千葉市内の造成地で歩行者誘導をしている時だ。警備員の私の前を横切る、腰の曲がった女性が立ち止まり私にミントスを手渡してくれた。一度通り過ぎていった後、30分くらいして再び横切った時のことだ。

その日はじめての現場で、会ったのはもちろその日はじめて。驚く私に「ごくろうさま」と手提げの中から取り出し、私を見上げながら。

「あ、どぉも、ありがとうございます」と返した。家に持ってかえり子供にあげた。一つだけ食べた。とてもおいしかった。

いつかは爆発させよう溜まったストレス

今日は、とあるスーパーの駐車場警備。初めての現場。狭い駐車場に次から次へと車がやってくる。入りきらない車は路上にまで溢れ、歩道を占拠する。

安売りで有名な店。誰もが手馴れた感じで車を止め、手早く目的の物を買っていく。私もこことは違うとあるスーパーの別の店で買い物をする。確かに安い。他のスーパーに比べかなり安いと思う。

こことは違うとあるスーパーのまた別の店舗でも駐車場警備をしたが、今日の店と同じように買い物客はひっきりなしだ。不景気のせいもあるのだろうが、同じ商品なら安いに越したことはない。

警備のほうは無事終了しそうな10分前にケチが付いた。おじいさんが駐車場の空きスペースにバックで入ろうとしていた時に後から来た車がおじいさんが停めようとしていたそのスペースに前から突っ込んだ。私はただ見ていた。

おじいさんが歩道から入れようとしていたのだが、モタモタしていて諦めて歩道に停めたように見えたので、私は前進してきた車を止めることなく見送った。そしたらおじいさんに文句を言われた。ボーっと見てんじゃないよ、と。

歩道に止めると思ったものですから、と私。言い訳するなと、じいさん。謝れと詰め寄られたが、口答えするわけにもいかないのでウンウンとうなづいてやり過ごした。時間の経過とともにストレスが…。

前から突っ込んだ車を運転していたおじさんに、じいさんが、私が先に停めようとしていたんですが、と抗議したら、そうなんですか、ぜんぜん分かりませんでした、と寝耳に水状態の返事。やっぱりそうだよね、と思った私。でも客に逆らう訳にはいかない。言い返したくてもできない、それがストレスとなって溜まっていく。いつかどこかで爆発させよう。そうしないと心身がもたない、と勝手な思いでいる私。

Top

HOME

カラタケ

Author:カラタケ
nextkara5788@gmail.com

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ お米・餅へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

東芝冷蔵庫製造工場で働いて

夜間救急の現実

夏場は毎日一人が熱中症で倒れた