FC2ブログ

カラタケ日記

派遣社員から契約社員になって9年経過。思いついたことを書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなもんだされたらお膳ひっくりかえしちゃうよ

先日、棟上した戸建て住宅の現場で仕事をした。大型クレーンを使って柱を吊り上げ、骨組みとなる柱を建てる作業だ。クレーンが道路半分を占拠するため建築現場前の道路は片側交通となる。そこで私の役目は通行車両と歩行者の誘導。

2世帯住宅らしく、50坪近い建坪。棟上式らしきものは特にないが、見学にきていた施主さん親子(母親とその娘)が現場の我々に「よろしくお願いします」と声をかけていった。お昼は日本橋の料亭の弁当が全員に配られた。さすがにうまかった。

話好きのクレーンの兄ちゃんが私の横にきて言う。「こないだヤクザの親分の娘の上棟式に行った時は3日かかって、3日間とも全員にご祝儀に3万円ずつくれたぜ。今日はご祝儀でるかな」。

「どうだろうね。あの人達(ヤクザ)は自分の金であって自分の金じゃないようなもんだからそんなにくれたんじゃない」と答えた私。

「今日は無理かな。それにしてもあの女(施主さんの娘)くせがありそうだな。オレなら無理だな。一緒にいられないな」とクレーンの兄ちゃん。

普通の20代の女にしか見えない私は「ふーん」と返し、「それより、あの母ちゃんの方がくせありそうだけどな」と言った。

そして、もちが苦手な兄ちゃんは、「弁当の赤飯食ったら胸焼けして気持ち悪くなっちまったよ」という。

(だったら食わなきゃいいじゃないか)と内心で思いながら、「それじゃ正月ももち食べないんだ」と聞くと。

先月は仕事が3日しかなかった兄ちゃん。「そんなもんだされたらお膳ひっくりかえしちゃうよ」と鼻の穴を膨らまして言った。



「景気いいんだな」と見上げながら言って前を通った人が2人。棟上げをしばらく見学していた人が約3人。

途中、雨に降られることもなく、午後5時頃、上棟は無事終了した。

少し期待していた、ご祝儀はでなかった。
スポンサーサイト

みんないつかは死ぬけど、そんな死に方はしたくない

まだ自動車税を払ってない。払いたいのだが払えない。来週あたりにはなんとか払えそうだが。

国民年金も払えずにいる。半年分ぐらいの滞納だ。
こちらを払えるのはもう少し先になりそう。

今週から本業に専念することになった。どうやらこれが本当の最後のチャレンジになりそう。
それでも合間に警備のバイトをしないとヤバイことになる。

いい加減疲れてきた。体力的にも精神的にも。誰のせいなのか。自分のせいなので誰にも文句は言えない。


警備仲間の69歳のおばさん。独身。「40年間国民年金を払い込んだけど、年金だけでは生活していけない」とぼやく。これはぜったいにおかしい。誰のせいでもない。国のせいだ。老後を一人で生きていけない国はぜったいにおかしいと私は思う。

毎日でも警備の仕事をしたいけど、その歳では仕事が回ってこない。週に2~3日だ。週1の時も、まったく無いときもある。交通費を除くと日当は8000円前後。

この時期の炎天下での仕事は体力をかなり消耗する。そうして倒れて死ぬまで働くしかない。道路工事の現場で。

みんないつかは死ぬけど、そんな死に方はしたくない。

おばさん、どうする。それでもがんばるしかないな。

仕事なく今月に入り週休3日制

本業(副業?)の関係でおつきあいしている都内の下町にある部品加工メーカーが先月から週休3日制を採っている。それ以前は、隔週週休2日だった。今月に入って金曜日も休業している。仕事のない社員は基本休みで給料は当然、その分減収となる。

3年越しのお付き合いだが、当時から忙しい風でもなかった。これまで、いろいろと試みたようだが結果的に実を結んでいない。この先、約20人いる社員は、さらなる減給とリストラの洗礼を受けるのだろうか。

チェーンの垣根を超えて横断的な連携を

セブンイレブンの加盟店に対し、販売期限の近づいた弁当などを値引きする「見切り販売」を制限したのは、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)にあたるとして公取委は先月22日、セブンイレブン・ジャパンに対し排除命令を出した。

これに対してセブン・イレブンジャパンでは無制限な値引き販売が加盟店へ与える影響を懸念。15%の数字を提示し値引き販売のガイドラインを示したいとの意向を示している。

4日に放送された(テレビ東京週刊ニュース新書)セブンイレブン「見切り販売制限問題」の中でセブンイレブンの井阪隆一社長が答えている。

「加盟店とは対等な関係」「一部社員の行きすぎた言葉があった」と公取委とは異なる見解を示すセブンイレブン。あくまで定価販売が基本となるコンビニのビジネスモデル崩壊を阻止したい考えだ。


4カ月前から見切り販売を実践してきた横浜のサンクスオーナーの近藤さんが番組の取材に応じている。他のコンビニチェーンのオーナーらと情報交換を行い、経営者の長時間労働と、経営本部の強行な管理体制の改善に取り組み活動している。

他のチェーン店もセブンイレブンの動向を見守っている状況にあり、見切り販売容認の方向性を示唆するオーナーもいた。

近藤さんは、個々のオーナーでは組織に対抗できないとして、チェーンの垣根を超えて団結し横断的な連携が必要だと訴えている。

今回の排除命令を受けて、全国で見切り販売を実践している店舗が増えているものの、同番組が行った首都圏のセブンイレブンオーナーに対するアンケートでは、従来の定価販売を支持する加盟店が6割に達している事実も見過ごせない。

コンビニ問題に注目が集まっている。より大きな議論になりつつある。

明日に期待しよう

今日で3日になる。休みが。

雨続きで3日間連続で仕事が中止になった。事務所は3日間とも日勤と夜勤を用意してくれたが、雨ですべて流れてしまった。

さすがに3日分の収入がなくなると痛い。困った。

明日は仕事だがいまだ収入が見込めない本業のほうだ。明日、うまくいけば展望が開けるのだが。

明日に期待しよう。

Top

HOME

カラタケ

Author:カラタケ
nextkara5788@gmail.com

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ お米・餅へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

東芝冷蔵庫製造工場で働いて

夜間救急の現実

夏場は毎日一人が熱中症で倒れた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。